導入事例紹介

様々な企業様でご導入いただいています。

飯田グループホールディングス株式会社の中核を担うパワービルダーで、「土地仕入れ、地盤、設計、施工、販売、アフターサービス」に至るまでの自社一貫体制など、品質重視と実直な家づくりの姿勢が評価されている総合住宅メーカー、株式会社東栄住宅様、SMART Messageを社員間のコミュニケーションに活用されており、情報共有や業務効率のアップに成果を挙げています。システム課のお二人にお話をお聞きしました。

株式会社東栄住宅 総務部システム課
大滝 登志行 様(写真左) 課長 長谷川 稔 様(写真右)

SMART Message導入にあたって

セキュリティ、コスト、
使い勝手のバランスが大事

主に建築現場の管理担当者から業務にタブレット、スマホなどの端末を使いたいと要望があり、検証を行うことになりました。その際、社員間のコミュニケーション手段としてチャットアプリを入れようということになり、様々なビジネスチャットを比較検討しました。
システム部門として特に重要視したのは、セキュリティとコスト、使い勝手のバランスです。業務に使う以上、情報漏洩対策などセキュリティは万全でなければなりません。ただし高機能であるがゆえに使いにくかったり、コストがかかりすぎることは導入、運用の妨げになりかねません。セキュリティがしっかりしていて、低コスト、そして使い勝手がいいということでSMART Messageの導入を決定しました。
そして2017年2月、建築現場の管理を担当する社員(100人強)を中心に業務用のiPhoneが会社から支給されたのを機に、SMART Message を導入し利用を開始しました。

SMART Message 使用状況と導入メリット

業務効率がアップ、社員の意識に変化も

利用開始から6か月が過ぎ、今では現場と事務の担当者合わせてユーザーは130人ほどになります。
運用は我々、システム部門が行っていますが、それぞれの端末や社員間のやり取りなど普段から細かいところまで管理を行っているわけではありません。様々な管理機能が備わっているので、何か問題があったときに原因の把握や対処がしっかりできるようなシステムになっているので、そのあたりは安心しています。
SMART Messageを利用している社員は、それぞれが各地の建築現場で仕事をしているので、一堂に会する時間も限られてしまいます。現場では、主に同じ部門のメンバー同士でグループを作り、報告や連絡、情報共有、資料の閲覧など様々な用途に利用しています。具体的には、工事で問題が起こった場合の対処の仕方を現場の写真をアップしてメンバー間で共有したり、現場にない書類を見たい場合は本社スタッフにアップしてもらい閲覧したりと、時間と労力の面で業務効率が格段にアップしました。
こうした業務上のメリットもそうですが、SNART Messageを導入したことで、社員の意識に変化がありました。iphoneもSMART Messageが仕事の一環で使っているということ、つまり「仕事道具」であるということです。個人所有のスマホを使い、プライベートでも使っているチャットアプリで仕事の連絡をしていたときは仕事とプライベートが曖昧な状況でした。業務連絡を気づかないこともあったかもしれません。
現在ではSMART Messageで行われるやり取りは、まぎれもなく「業務」であるという意識が社員に定着しています。
仕事は仕事(SMART Message)、プライベートはプライベートと切り分けができたことは、導入メリットの一つといえるかもしれません。

担当の進捗状況管理・作業指示完了報告のあった現場に赴いて、
作業に問題がないかをチェック問題がある場合、問題部分を写真で指摘し是正指示

SMART Messageへの要望

ご要望のあったメッセージ確認機能を実装

いろいろ検討された結果だとは思いますが、唯一、以前から要望を差し上げているのは、メッセージを送った相手がメッセージを確認したかを把握できるようにしてもらいたいことです。SMART Messageは業務連絡に利用するものですので、メッセージが相手に伝わったかどうかの確認が必要なシーンは少なからずあります。ぜひ、この機能は付加いただきたいと思います

ご要望の機能については、このインタビューの後アップデートで実装いたしました。既に東栄住宅様にも利用いただいております。

※2017年9月現在の情報を元に記載しています。

SMART Messageの使いやすさとセキュリティの高さと設定の容易さを1ヵ月間無料でご体験ください。

まずは無料で資料請求SMART Messageへの資料請求

  • お電話でも受付中
  • 03-5209-2461
  • ネオス株式会社
    10:00~18:00(土日祝日・年末年始を除く)

トップ